« EOS学園テーブルフォト講座スタジオ実習その1 | トップページ | BS NHKアーカイブス プレミアムカフェに出演します »

2015年5月27日 (水)

EOS学園テーブルフォト講座スタジオ実習その2

Coomie先生に、かっこいいライト系ひとつやってね、とお願いしたら、こういうのになりました。
バンクライト1灯を使って、左斜め上から光を当てたタイプ。
部屋は相当薄暗いですが、一応自然光も入っている場所でした。

Mk1_7746kawai

この角度でライトを使うと、被写体の表面が結構ちゃんと見えてしまうのがやっかいなところ。
つまり、傷とか埃とか指紋とかばっちり写りますので、本来であれば完全にきれいな状態で撮る必要があります。

今回はあくまでお教室ですので、そこらへんはご容赦ねがうということで、光の向きや影などを意識していただくところまでです。

Mk1_7757kawai

カッコイイ系のライトで、もともと影がでるようなセッティングなので、写真的にもコントラスト強調でいいと思います。

++++++++

当日使っていたのは、
LPL 撮影ライト ライトバンクLB-452S (品番L19013)で、中には色温度5200Kの電球を入れていました。
中に2つの電球を入れられるタイプのバンクライトです。
発光部が45センチ角程度ですので、このようにお皿一つ程度の範囲を照らします。
つまり、テーブルセッティング4名分とかはムリですね。
でも、お料理のレシピとかくらいならお皿1つ分程度だと思いますので、夜でも撮影可能です。

ほんとは一番下で紹介している、上からのライトなどを追加すると、トップライトとサイドライトになり、光をいろいろ操れますが、いっぺんに揃えるのはなかなか大変かな〜。

ライトバンクLB-452Sは、ライトの部分だけですので、立てるにはスタンド(たとえばLPL ライトスタンド ライトスタンドLS-180S)が必要です。

  • メーカー型番 : L19013
  • 電源 : AC100V50/60Hz
  • ランプ : 蛍光ランプ32W x 2本
  • 色温度 : 約6500K(昼光色)
  • 中心照度 : 約900Lx/m
  • ランプ寿命 : 約5000時間
  • ライト部寸法 : 発光面 約45x45cm 奥行 約33cm


*******************

電球が1つでいい人は、脚も含めたセットがお買い得です。
問題は、電球1つですと結構暗いかも、ということです。
これですと、全部で15000円程度になります。
LPL 撮影ライト ホームスタジオバンクセットHB-45S (品番L19012

  • メーカー型番 : L19012
  • 電源 : AC100V50/60Hz
  • ランプ : 蛍光ランプ32W
  • 色温度 : 約6500K(昼光色)
  • 中心照度 : 約500Lx/m
  • ランプ寿命 : 約5000時間
  • ライト部寸法 : 発光面 約45x45cm 奥行 約33cm

*******************

上から光をあてたいときには、ブームのスタンドのタイプが必要です。
LPL ホームスタジオバンクセットHB-452SP(電球2こタイプ)

  • メーカー型番 : L19024
  • 電源 : AC100V、ランプ : 蛍光ランプ32wX2
  • 色温度 : 約6500k、ランプ寿命 : 約5000時間
  • 奥行 : 約33cm、中心照度 : 約900Lx/m
  • 発光面 : 約45X45cm、ライト重量 : 約820g
  • スタンド伸長 : 約87-250cm、スタンド折畳み長 : 約76cm
  • 取付部 : 17mmダボ、スタンド重量 : 約1.7kg
  • ブーム伸長 : 約67-158cm、ブーム重量 : 約1.2kg


|

« EOS学園テーブルフォト講座スタジオ実習その1 | トップページ | BS NHKアーカイブス プレミアムカフェに出演します »

おうちフォト(屋内撮影)」カテゴリの記事

テーブルフォト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270793/60152016

この記事へのトラックバック一覧です: EOS学園テーブルフォト講座スタジオ実習その2:

« EOS学園テーブルフォト講座スタジオ実習その1 | トップページ | BS NHKアーカイブス プレミアムカフェに出演します »