« ひまわりの散歩道 | トップページ | 7月発売の写真雑誌等のご案内 »

2014年7月30日 (水)

ラベンダーの香り

Mk1_4703kawai

 

Mk1_4516kawai

+++
7月の富良野といえば、ラベンダーが一番人気かも。
紫、という印象的な花色はもちろんですが、何と言っても香りがすばらしくて。
撮影していても、風が吹くたびに、いい香りがしてきます。

今回は、ファーム富田はちょっと痛んでおりまして、あと一週間早いほうがよかったかな〜と。今年から三脚不可になったことや、風が強かったことなど、悪条件が重なったので、アップはほどんど撮らなかったです。
他の花畑はベストタイミングのところもあって、トータルとしては楽しめました。

ラベンダーの語源は、ラテン語の「ラヴァレ(洗う)」。
ローマ人が入浴や洗濯の時にラベンダーを使っていたから、とか。マリアさまが、イエスキリストの産着を洗っていたのは、ラベンダー香水でだった、とか、説はいろいろだそうで。

花言葉は、「優美」     「沈黙」     「疑惑」     「繊細」     「あなたを待っています」、など。
それぞれがどこからくるのか、調べてみたら結構面白かったですヨ。

「あなたを待っています」
っていうのは、ラベンダーちゃんが、好きな男の子が振り向いてくれるのを、あまりに待ち続けたら、最後には香りの強い花になっちゃったっていう、悲しい感じの話があるようなんですが。

でも、実際に花を楽しんでいると、やはり癒やし系なイメージがしますね〜。
実際、アロマテラピーに使われるわけなので、撮影しながら癒やしの効果もある、というお得なお花です。

|

« ひまわりの散歩道 | トップページ | 7月発売の写真雑誌等のご案内 »

おそとフォト(屋外撮影)」カテゴリの記事

レンズベビー」カテゴリの記事

コメント

>みるくさん
上野ファーム、素敵ですよね。
上野さんは、また別の街に新しいガーデンを計画されているようですよ。
また楽しみが増えますね。

投稿: かわいまき | 2014年8月 1日 (金) 10時50分

はい。 
ツアーでしたが8ヶ所すべて見て周りました。
一番好きだったのは上野ファームでした。
小道の両側の花々の植え方、花の高低差のつけ方、
歩いていると次々とまた違う花壇デザインと草花に
出会う、という繰り返しでほんとにステキでした。
また、特筆すべきは花がらがまったくなく、きれいに
取り除かれていたところです。
自宅マンションのガーデンクラブで活動していますが
花がらを取るのって手間がかかるんですよね~

投稿: みるく | 2014年7月30日 (水) 22時33分

>みるくさん
今回は、風のガーデンは行きました。
上野ファームは昨年は行きましたが、今年は時間がなかったです。
みるくさんは、8カ所全部回られたのかな?
どこが一番好きですか?

投稿: かわいまき | 2014年7月30日 (水) 22時03分

先生は8か所ある北海道ガーデンには 
撮影に行かれないのですか?
先日、私はやっと実現できました。
先生の目の付け所とぼかし方を
勉強させてもらいたいのですが。。。

投稿: みるく | 2014年7月30日 (水) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270793/56939364

この記事へのトラックバック一覧です: ラベンダーの香り:

« ひまわりの散歩道 | トップページ | 7月発売の写真雑誌等のご案内 »