« クラブツーリズムツアーロケハン | トップページ | クラブツーリズムツアー 本番 EOS 5D編 »

2013年9月25日 (水)

クラブツーリズムツアー 本番 EOS M編

sun6〜8月発売の写真雑誌等のご案内はこちら

+++++++++++++++

Img_9728kawai

クラブツーリズムバスツアー本番。
台風予報でしたので、直前キャンセルが多く、少人数での出発になりました。
ほとんど女性でして、男性は少々という感じ。

最近女子率が高いのは何故でしょう。。。
きっと私が男前だから(爆!)

基本三脚なし、超ゆるゆるのツアーでした。

お天気は、途中30分ほど雨でしたが、ほぼ曇り、たまに陽もさして、いい感じでした。

今日の私は、ロケハン日と同様、2台体制。
ただ、もっていった機材は、ロケハン日とは少々入れ替えました。

■EOS 5D Mark IIIと
タムロンSP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD キヤノン用の組み合わせ。
こちらはマクロですので、お花などのアップ系と、一般的な望遠レンズとして使います。

 Canon EOS Mと、EF-M18-55mm F3.5-5.6IS STMの組み合わせ

カメラ1台だと、レンズ交換大変ですよね。
こうして2台体制にしておくと、重いことは重いのですけど、撮影は楽です。
先生、いいなぁって声もあったので、次回はそういう方が増えるかも?

このページは、このEOS Mでの写真を載せておきます。
前回のロケハンではオリンパスのOM-Dのアートフィルターをのせましたので、今回はEOS Mのクリエイティブフィルター「トイカメラ風」で。
キヤノンのとトイカメラ風は、色調3色から選べます。
寒色、暖色、標準です。

EOS Kiss X5 (撮影後の再生画像へカメラ内処理)
EOS Kiss X6i (撮影後の再生画像へカメラ内処理)
EOS Kiss X7とX7i (JPEG撮影ライブビュー時、撮影後の再生画像へカメラ内処理)

EOS 60D (撮影後の再生画像へカメラ内処理)
EOS 70D (JPEG撮影ライブビュー時、撮影後の再生画像へカメラ内処理)

などでも、クリエイティブフィルターは搭載されています。

キヤノンの場合、クリエイティブフィルターの使い方は機種によって違います。

上記のカメラで撮影後の再生画像へカメラ内処理と書いてあるものは、撮影した画像を、背面液晶で再生させた状態で、クリエイティブフィルターをかけることができるという、後がけ方式です。

JPEG撮影ライブビュー時、となっている機種は、ライブビューでの撮影なら撮影時に効果を液晶でみながら撮影できます。
ただし、JPEG撮影の時にかぎります。

私は、昨日は、撮影後、帰りのバスの中で、再生画像にクリエイティブフィルターをかけてました。

Img_9715kawai

Img_9723kawai

Img_9708kawai


Img_9703kawai

秋の気配がして、なかなか素敵なスナップ日和でした。

sun

|

« クラブツーリズムツアーロケハン | トップページ | クラブツーリズムツアー 本番 EOS 5D編 »

おそとフォト(屋外撮影)」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270793/53387783

この記事へのトラックバック一覧です: クラブツーリズムツアー 本番 EOS M編:

« クラブツーリズムツアーロケハン | トップページ | クラブツーリズムツアー 本番 EOS 5D編 »