« 今年のクリンソウ | トップページ | 行田の蓮 見頃ですよね? »

2013年6月21日 (金)

雨対策のお買い物 フォックスファイヤーのジャケットとかティンバーランドの長靴とか

雨ですね〜。
撮影がおっくうになりますね〜。

とはいえ、撮影にでなくてはならないこともありますので。

しっかり雨対策してでかけたいところです。

今まで過去のブログで少しだけ身につける物などのお話しをしたことがありますので、ちょっと振り返ってみます。
レインコートと、カメラ用の傘について触れているのが、このブログ。

■過去ブログ:2010年8月12日 (木) 雨の日の撮影 ベルボンの傘とかフォックスファイヤーのレインコートとか。

そうそう、このブログでは、ベルボンの三脚につける傘「Velbon アンブレラクランプ UC-6 」をご紹介しています。
これは今でもよく使うんです〜。
ただし、風のあるときは、風にあおられて三脚ごとふっとぶので風の無いとき前提でおすすめします。

それと、このページでは、フォックスファイヤーのレインウエア「エアロポーラス®FWドットレインスーツ」を買った〜と書いてありました。
その後ずっと使ってましたけど、ボチボチ買い換えかな〜?ってことで、新しいのにしました。

薄手のゴアテックスのジャケットで、「アルカンシェルジャケット」です。

秋口から冬にかけてのは別のをもってますが、この時期暑いので〜。
薄手がいいですよね、やっぱ。
私のはパープルのLサイズ。
ちょい太めな今日この頃、ふと気がつけばいつの間にかLサイズな私。

パンツは、、、新調するの忘れたからまた考えましょう。。。

Img_8521kawai

ついでにいろいろ新調しまして、
トランスウェット®ウールライトジップ」のエメラルド
トランスウェット®ウールライトボーダージップ」のパープル
ドライスプリットジップオフパンツ」のカーキ
などを購入。
時期的にすでにカラーがない物もあったので、あるもので調達。

Img_8517kawai

あれ、長さが違うんだな〜。
撮影中はかがむことがおおいので、長いほうがありがたかったりします。

Img_8519kawai

パンツもね、ストレッチがきいてて、なおかつサラサラっていうのがいいですよね。

+++

■過去ブログ:2011年10月25日 (火)悪天候も悪くない!?裏磐梯紅葉撮影 その1

そう、このブログで紹介していたのは、長靴です。
ザ・ノース・フェイスのウィメンズ ベースキャンプブーティー(TNFイエロー)

今では販売されてないかも?しれませんが、シンセティック素材の長靴で、完全防水ではないけど、今のところ濡れてないから大丈夫(笑)
たぶん、これで水中にずっといたら無理だと思います。

ゴムの長靴と違って軽くて蒸れにくいのがいいところです。

先日の撮影ツアーでは、この長靴はいて、フォックスファイヤーの洋服きてましたら、「先生、釣りの人みたい〜!」とみなさんに言われておりました。
確かに。。。本当は黄色じゃないほうがよかったんですけど、コレ買った時はその色しか残ってなかったの〜。
え?色の問題じゃない???

Img_8525kawai


で、今回購入したのはティンバーランドのショート丈で、これはゴムだからかなり重いし、たぶん暑い。。。かも。

Img_8523kawai

で、実は今買うかどうか考えているのが、
日本野鳥の会 バードウォッチング長靴」
結局のところ、長靴って重いと長距離歩けないんです。
だから軽いのがいいんで、これ軽そうですよね。

さて、どうしようかな。

+++
先日のクリンソウ撮影の時使っていたのは、フォックスファイヤーのリュック。

これは廃番品でして、もう買えないので、壊れたら直し〜という感じで使っています。
何がいいって、背中側からカメラを出し入れするところなんだな〜。

■2009年12月 3日 (木)カメラバックの話 フォックスファイヤー「フォトレックカニス・ミノル」 その後

後は、これからの時期、蚊対策として以前とりあげたのが、フォックスファイヤーのスコーロンについて。

■過去ブログ:2011年6月29日 (水)本日の水撒き 蚊に刺されないスコーロン

|

« 今年のクリンソウ | トップページ | 行田の蓮 見頃ですよね? »

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270793/52126894

この記事へのトラックバック一覧です: 雨対策のお買い物 フォックスファイヤーのジャケットとかティンバーランドの長靴とか:

« 今年のクリンソウ | トップページ | 行田の蓮 見頃ですよね? »