« キヤノンフォトクラブ東京ゼロのお散歩撮影会 手持ちの撮影の時間 | トップページ | クラブツーリズム さがみ湖イルミリオン撮影ツアー その1 »

2012年12月 7日 (金)

キヤノンフォトクラブ東京ゼロのお散歩撮影会 三脚撮影の時間

12月1日
キヤノンフォトクラブ東京ゼロのお散歩会撮影会その2、夕方からの撮影編です。

本日の写真の撮影機材は以下。
キヤノンのクラブですから、そりゃ〜もちろんEOSですscissors

canon EOS 5D Mark III
canon EF24-105mm F4L IS USM

+++++++++++

赤煉瓦倉庫あたりまで歩いてきました。

Img_6263_kawai

Img_6252_kawai_2

ここらへんまでは手持ち撮影でした。

ぼちぼち三脚撮影の時間です。
この日は私は三脚をもっていなかったので、生徒さんのを奪いました。
ひ、ひどい。。。shock

Img_6266_kawai

Img_6287_kawai

赤煉瓦はクリスマスマーケットをやってました。
撮影よりもホットワインが飲みたかったですsmile
構図の中に人が入ってきても、それもまたヨシ。
むしろ、そのほうがヨシです。

Img_6300_kawai

徐々に日が暮れていきます。

Img_6320_kawai

どんなけ同じ場所で撮影しているんだ〜って感じですが。
私は比較的同じようなところで粘るほうです。
まぁ、撮影会の時は、液晶見せながら指導していますので、なおさらそうなります。

Img_6350_kawai

一瞬逃亡して、違うカットもパチリ!
薄暮の時間は空がきれいでイルミネーションも際立ちますね〜!

+++

三脚といえば、我が家には用途別に三脚が10本くらいはあると思います。
一番使っているのはベルボンのカーボン三脚です。

私のはもう結構古いもので、メンテナンスしながら使っています。
つまり三脚って、ちゃんとしたのを買って、きちんと整備すれば長く使えるってことなんです。
10本のうち、一眼レフを使うときに一番使っている三脚の現行品なら、たぶん、レベル的にはこんな感じ?

ベルボン GeoCarmagne E645M

あるいは、

ベルボン GeoCarmagne E635M

3段の製品の方が高くできますが、低くできるのは4段のもの。
ということで、花とかの撮影なら4段、風景の撮影なら3段という使い分けです。

後は、私の場合には、自由雲台を使うことが多いので、雲台を自由雲台につけかえています。
また、クイックシューは使っていません。

ベルボン 自由雲台 QHD-63

あるいはひとつ上のタイプで

ベルボン 自由雲台 QHD-73

++++++++++

■『ちょいかわフォト 撮影テクニック (玄光社MOOK)』

テーブルフォトの本です。カワイイ被写体いっぱいです。
是非ごらんください。

■EOSのレンズ (EFレンズエントリーカタログ)
Eflens0720

こちらはキヤノンマーケティングジャパン(株)の、初心者向けレンズカタログです。
A5判横位置のかわいらしいカタログで7月23日からお店などで配布されています。
私はお花の撮影を担当しました。
EOS-Mでも撮影していますよ〜!
是非ごらんください。
HPからダウンロードもできます

|

« キヤノンフォトクラブ東京ゼロのお散歩撮影会 手持ちの撮影の時間 | トップページ | クラブツーリズム さがみ湖イルミリオン撮影ツアー その1 »

おそとフォト(屋外撮影)」カテゴリの記事

夜景&イルミネーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270793/48119009

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンフォトクラブ東京ゼロのお散歩撮影会 三脚撮影の時間:

« キヤノンフォトクラブ東京ゼロのお散歩撮影会 手持ちの撮影の時間 | トップページ | クラブツーリズム さがみ湖イルミリオン撮影ツアー その1 »