« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

枯れ葉 朽ちていくものの美しい瞬間

秋ですねぇ…maple

東京ではまだ秋の気配はしませんが、
すでに晩秋といった感じを八千穂と裏磐梯、大町周辺で体験してきました。

今年は例年に比べ、葉っぱの痛みが見られまして、
ピークになったときには黄色の葉が茶色〜。
赤の葉は???って感じ。

以前でしたら、こういう紅葉を見て、がっかり〜っていってましたが、
最近では、それもまたいいんじゃない?って思うようになりました。

歳を重ねたからでしょうか〜?

先日生徒さんたちに
「痛んだ葉っぱは被写体にはダメでしょうか?」と聞かれまして。
昔は「きれいなのを選んでね〜」といってた気もしますが、
今では「枯れたものも、痛んだものも、それもまた味、わびさびじゃ〜!」なんていってます。

朽ちていくものの、その美しさも感じれるようになったということなのかな。

_b170819kawai

Pb181124kawai

虫食いも、枯れ葉も、美しいと思います。

使用機材
OLYMPUS PEN Lite E-PL3 ボディ
OLYMPUS マイクロ一眼 ライブファインダー シルバー VF-2SLV
レンズベビー コンポーザー・ティルトトランスフォーマー マイクロフォーサーズ用

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

裏磐梯紅葉撮影その2はオリンパスE-PL3の話

昨日10月27日木曜日、井村君の写真展パーティーにいったとき。
E-P3を首からさげていたら、
「え〜?川合さんってオリンパスとか、ミラーレス使うの?」と何人もの業界関係者からそういわれまして。なんだそりゃ。
川合いこーるEOSっていう感じなんでしょうか〜?
私のブログは業界の方は読んでないってことが判明しましたねぇ。
あとは私がいかに業界関係の集まりに出かけていないか、そして編集部などに顔を出してないか、っていうのが判明ってことでしょうか。

もうかれこれ1年以上使ってますからねぇ。ペン。
アマチュアの方からは、「それどうですか〜?」とか「さわらせて〜!」とかっていう反応です。
EOSを首からかけててもこれほど話題にはなりませんので、話し下手な私の、話のきっかけ作りにはいいアクセサリーのようですhappy02

昨日の様子は、田中さんのトンボ日記10月27日でご覧くださいませ。

+++++
さて。
裏磐梯その2です。

すんごい条件がいい、というわけでもない撮影の時は。
比較的のんびりムードで。
撮影も比較的お遊びモードだったりしますが、それはそれで結構よかったりもします。

手持ちでチャッチャと撮影した紅葉〜。不思議なもので、小さいカメラを持つと撮り方もラフになるような。多分、手持ちだと厳密なピント合わせとかがやりにくいから(やればできるけど)だと思います。

で、ラフに撮っても遠景とかならピントの心配もそれほどありませんし。

以下、オリンパスE-PL3にて手持ち撮影。
アートフィルターの「トイフォト」での撮影です。

Pb231480kawai2

雑木林が好き〜!

Pb231465kawai2

ここは好きな撮影場所だったのですが、草丈が高くなって、撮影ポジションがとれなくなりました。
残念だ〜。
あれ、こうしてみると、私は紅葉自体よりも、それ以外の背景に紅葉を使うのが好きみたい?

のんびり撮影の場合には、
ランチもゆっくり楽しみます。
今回はイタメシ。

Pb231405kawai

Pb231411kawai2
バジルのパスタ
ジャガイモの細切りが入っています。

Pb231414kawai2
ゴルゴンゾーラと栗のピザ
チーズとゴルゴンゾーラがもっと沢山のっているといいんだけど

Pb231437kawai2

一応撮影中なので、ワインはなしweep
何故なら、過去、何回かそれで怪我をしているからshock

おいしくいただきました。

使用機材
OLYMPUS PEN Lite E-PL3 ボディ
OLYMPUS マイクロ一眼 ライブファインダー シルバー VF-2SLV
OLYMPUS PEN用 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
オリンパス レンズフード LH-61C



| | コメント (2) | トラックバック (0)

第15回 総合写真展開催中です

第15回 総合写真展が開催中です。

公益財団法人 国際文化カレッジが主催しています、総合写真展の審査をさせていただくようになってから数年たちました。
この企画は、コンテスト形式にもなっていますが、根本にあるのは生涯学習。
作品発表の場をご提供する、というということで、とても規模の大きな写真展です。
見応えがありますので、是非ごらんいただければと思います。

初日10月27日木曜日、会場へ行ってきました。
Pb270064kawai
Pb270055kawai
Pb270058kawai

選者の写真も2点ずつ飾っていただいています。
Pb270067kawai
今年の私は、イタリアで撮影したものにしてみました。
オリンパスペン+レンズベビーでの作品です。
Pb270070kawai

会 期
平成23年10月27日(木)~11月1日(火)
9:00~17:00(最終日のみ12:00まで)

会 場(入場無料)
東京都立産業貿易センター・浜松町館 4・5階ホール
(東京都港区海岸1-7-8)
電話 03-3434-4242

出品部門
フィルム写真部門
デジタル写真部門

募集テーマ
規定テーマ「ニッポン再発見」 または 自由テーマ

審査員
品川惠保/那和秀峻/丸林正則/保坂健/テラウチマサト/
徳光ゆかり/板見浩史/川合麻紀

当日、東京プリンスで、表彰式と懇親会もありました。
Pb270006kawai
Pb270012kawai
表彰される方々の、笑顔が印象的でした。

Pb270052kawai
Pb270023kawai
懇親会では、抽選会もあります。
協賛各社からのプレゼント、そして選者の先生の作品などが賞品ですhappy01
お嫁入りした写真たち、かわいがってもらえるといいなぁ!

来年の総合写真展は、会期が 平成24年12月5日(水)~11日(火)
会場はリニューアルしたばかりの東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)です。
是非みなさんご参加くださいね〜!

+++
本日の写真はオリンパスE-PL3に標準ズームで撮影しています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

悪天候も悪くない!?裏磐梯紅葉撮影 その1

10月21日に移動し、22日、23日と裏磐梯に行ってきました。
この週末雨の予報でしたから、バリバリ撮影モードではなく、比較的のんびりムード〜。

雨のお天気は写真には結構いいですが、風が強いとちょっと撮影が大変。

Img_8630kawai2
強い風で飛ばされそうな感じで撮ってました〜。
小さい写真なのでわかりにくいですが、遠くには滝が流れています。
なかなかドラマティックな空でした。

Img_0695kawai
雨が降ったり止んだりでしたので、降ってないときとちょっぴりなときは普通に雨具だけ〜。
カメラは精密機器なので本当はちゃんとカバーした方がいいです。
カメラの上にタオルを乗せておくだけでもかなり違います。

自分の雨対策は。
フォックスファイヤーのレインウエア(上)と、モンベルのゴアテックスのパンツ。
そしてザ・ノース・フェイスのウィメンズ ベースキャンプブーティー(TNFイエロー)です。
Nfw70040ty

Img_0737kawai
雨が強いときには、透明ビニール袋も対策にはなります。
分厚くて透明度の高いものが使いやすいです。

Img_0771kawai2
22日はほとんど陽がささなかったので、油断したら空がピンクになりまして。
車も、自分も走りましたが、間に合わず〜。
最後の色が少しだけ残っている空です。
これはこれでいいかもhappy01

悪天候ばんざ〜い!

+++++++

撮影機材

上の写真
Canon  EOS 5D MarkII ボディ
Canon  EF70-200mm F4L IS USM

下の写真
Canon  EOS 7D
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD キヤノン用 B008E

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

クラブツーリズムバスツアーin八千穂高原 19日

前回に引き続き、クラブツーリズムバスツアーin八千穂高原のお話。

19日のツアー中の写真から、いくつかピックアップしてみました。
天気の様子をみて、18日ツアーと同じ場所をめぐることになりましたが、狙い所はその時の太陽の様子や気分によって変わってきます。

Img_8337kawai
比較的オーソドックスに。
晩秋のイメージ。

Img_8376kawai
お約束の白樺林と楓。
山を背景に配置して。

Img_8357kawai
白樺の幹に落ちる楓の影を狙って。

Img_8368kawai
白樺を伸びやかに、そして背景に山を配して。

何度通っても、新たな出会いがあるものです。
宝探しみたいな感じかな〜?

撮影ツアーのお客様には4タイプほどいらっしゃいます。
1.その場所に行くのが目的で、自分らしく撮りたい(つまり先生のそばにはいない)という方
2.作品撮りをするのではなくて習いたいから参加する、という方
3.友達とわいわい写真を撮るために参加、という方
4.撮影ツアーというのは知っているけど、観光で参加、という方。

どれもありだと思いますhappy01

で、習いたいから参加したという方は〜。

一応人数を限定してもらっていますが、それでも25名様程度になります。
私もなるべくみなさんとお話ししようとはしているのですが、全員の顔を覚えきれませんので、ばらけて撮影がはじまってしまいますとこちらからお声かけしにくくなります。 ご質問などありましたら、お声かけいただけると助かります。

みなさん撮影に集中しはじめると、私がどこに移動したかを見失う方が結構います。
もちろん、一緒にいなくても、自分らしい写真が撮れた方がいいに決まっていますが。
もし。
しっかり構図や撮影方法を盗みたい!いろいろ聞きたい、という方は、講師にぴったりくっついて動くのも撮影ツアーのひとつの使い方です

むか〜し私がアマチュアだったころ、何回か撮影ツアーに参加したことがありまして。
私はどちらかというと、先生とは離れて好きなものを撮るタイプでした。
ただ、いつも先生がどこで何を見ているかは、遠くからでも注意してましたし、気になるときにはファインダーを見せてもらってついでに撮影データもこっそり見てましたね〜happy01

上手に先生を使ってくださいhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

クラブツーリズムバスツアーin八千穂高原 18日

またまた事後報告になりますが。

10月18日と、19日は、クラブツーリズムのバスツアーがありました。

まずは18日のツアーから、いくつかピックアップした写真をごらんください。

今年の紅葉、風のうわさによりますと、葉っぱが痛んでしまっているところが多いとのこと。
八千穂高原も、やはり、そういう感じでして、黄色系の紅葉は茶色に変色していたり、そのまま落ちてしまっている部分が多いように思いました。
ま、状況が多少悪くても、被写体を見つけられればいいわけです。

せっかくのツアーですから、できるだけ素敵に撮っていただきたい〜ということで、前日にロケハンをしまして撮影場所を決めました。

Img_7901kawai
痛んでいる葉っぱは色として使えば紅葉の雰囲気がでますね〜。
だめな場合は、頭を切り換えて臨機応変にいくと楽しめます!

Img_0435kawai
状態のいい葉っぱは、しっかり葉を見せても大丈夫。
光をうまく使いましょ〜!

Img_0524kawai
高原の気持ちのいい雰囲気を広い画角でのびのびと。
太陽の光があたると急に色が冴えます。

Img_0594kawai
山に太陽が沈む時間まで、光と遊ぶと素敵な写真が撮れると思います。

「山は暮れて 野は黄昏(たそがれ)の芒(すすき)かな」
by 与謝蕪村

参加のみなさんは、いかがだったでしょうか〜?
次回のブログも八千穂のご報告予定です。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

ヨドバシカメラ大撮影会in仙台

毎度事後報告ですが。

本日は、10月10日に行われた
ヨドバシカメラ大撮影会in仙台について、、、忘れないように書いておきます〜。
私が写っている写真は土屋さんが撮影してくださってます。

前日9日に仙台入り。
会場をロケハンしました。
_b090287kawai
夕方のいい光で、楽しくお散歩です。
Img_8776a
川合、今回はオリンパスペンライト3を持参〜。
_b090326kawai
撮影会、土屋さんとご一緒ははじめてかも。
_b090361kawai
夜は打ち合わせ???
この日はみちのくよさこい祭り?があったらしく、よさこいの音が聞こえていました。
Pb090391kawai
Pb090400kawai
Pb090408kawai
Pb090396kawai
集まればカメラ談義〜。

そして撮影会当日。
_b100505kawai
まずはレフ板講習。
_b100501kawai
そして衣装合わせ。
Tsuchiyaimg_8896
私は暇をみつけては再度撮影場所探し〜。
_b100513kawai
_b100519kawai
_b100595kawai
こんなあたりで撮ろうかな?とか。
とにかく光の向きと、前景、背景が大事だから。

_b100552kawai
_b100573kawai
Img_0022kawai
モデルさんたちはブログに顔出し禁止なので、モザイクかけてます。
雰囲気だけ。

Tsuchiyaimg_1183
高校生たちと一緒にぱちり。
楽しかったね〜!


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

タムロン創業60周年記念プロジェクト -写真家60人の「瞬間と永遠」-写真展開催中

Btn_link_photographers_on

タムロン 創業60周年記念プロジェクト -写真家60人の「瞬間と永遠」-写真展開催中

60人の写真家が、それぞれが今感じている「瞬間と永遠」を『18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD(Model B008)』で撮りおろし、スペシャルサイトと写真展で作品を公開。

写真展では各写真家2点ずつ展示中です。

○日時:

    2011年10月5日(水)~11日(火) 

 12時~19時(※最終入場時間は閉場の30分前)

○会場:

    3331 Arts Chiyoda 

 〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14

    TEL:03-6803-2441 / FAX:03-6803-2442

 公式ホームページ:http://www.3331.jp/

5日はオープニングパーティーがありました。
学校を改装してつくったギャラリー、真っ白な広い空間が新鮮です。
Img_1172kawai
Img_1178kawai
Img_1179kawai
Img_1182kawai

会場で近くにいた人たちhappy01
今日は35名くらいの参加写真家の方がきておりました。

まずは小澤太一さん。ん?何故、背伸び〜???
Img_1184kawai
次は左から矢野直美さん新美敬子さん中井精也さん佐藤仁重さん
Img_1187kawai
中井精也さん
Img_1194kawai
諏訪光二さん
Img_1196kawai

以下、会場に来ていたデジ侍メンバー
はじめは広田泉さん
Img_1189kawai
土屋勝義さん
Img_1188kawai
豊田 直之 さん
Img_1190kawai
吉田繁さん
Img_1198kawai
デジ侍のニューメンバー、水谷 たかひとさん。
Img_1197kawai
最後はわたくし、川合麻紀でした!
Img_1192kawai

懇親会にて。
なんか、悪そうな3人coldsweats01
一番右は、前川貴行さんです。
Img_1201kawai

今日の様子は『デジカメWatch』でもご覧いただけます。
ニュース記事:タムロン、60周年記念プロジェクトの写真展がオープン
+++++++++


タムロン60周年記念スペシャルサイト「写真家60人のプロジェクト」 http://www.tamron60.com/

2011年8月10日:創業60周年記念プロジェクト/-写真家60人の「瞬間と永遠」-開催のご案内と写真家60名のご紹介 http://www.tamron.co.jp/news/release_2011/0810_1.html

プロジェクト公式ブログ  http://tamron60.blogspot.com/
プロジェクト公式ツイッター http://twitter.com/tamron60
+++++++++++++++


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

竹灯籠祭 EPL2でスナップ

竹灯籠祭が同じ沿線沿いでありました。
近場でもいろいろなイベントや季節の変化が見られますが、結構情報がないもので、見たことがないなんていうのがしょっちゅう!
毎回近所の生徒さんに教えていただいて、そんなところあるの〜?って驚きの連続です。
とても感謝しております。

で、当日。
風邪のため、どうしようかとグズグズしていましたが、終わり近くになってから出動しました。
本当は、撮影には薄暮の時間が適しています。

実際でかけてみると、予想していた規模よりもず〜〜〜っと凄くて、とても幻想的でした。
写真は。
すでに真っ暗、手持ちですから、ま〜、適当ですけど。
地面にカメラを置いたり、柵にのせたりしながら撮影しています。
雰囲気はわかるかな〜?

Pa018183kawai
Pa018187kawai
Pa018197kawai
Pa018224kawai
Pa018266kawai

カメラ:オリンパスE-PL2
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 IISLV
レンズベビーコンポーザー/トランスフォーマー

 


| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »