« タムロンのマクロ小冊子「マクロレンズな日曜日」 | トップページ | 霧の中へ »

2011年8月10日 (水)

高いところも結構平気〜撮影風景編

7月の初め頃のお話ですが(古っ!)
7月は何やら非常に忙しい月でして、あっちこっちでかけておりました。

高いところから失礼いたしますhappy01

Img_4490kawai

高いところは、結構好きといいますか。
小さいころから木登りなどをしたり、近所のおうちのコンクリートブロックの上を走り回っていた私としましては、それほどむずかしいことではありませんhappy02

ただしね〜。
この高さになりますと、脚立も三脚も重すぎて私には運べませんので、何と制作会社のみなさんが運んでくださっているという、恵まれた幸せな現場でございます。

この時は九州へ撮影のお仕事にでかけていました。
プレミアムアウトレットの鳥栖の第三期オープンにあわせて撮影に。
このころも、今と同じく、とっても暑い日が続いていました。
35度の気温の中、朝から晩まで2日間ほど日向で撮影しました。
その後すぐに北海道撮影だったんですが、実は熱中症ぎみで数日気持ち悪かったような。
まぁ、自分の作品撮りだったのと、ほとんど大雨でしたから問題ありませんでしたが。
それでも、この時の青空は最高で感謝でした。
広告フォトでは青空がもうほんとにありがたいんです。

私の撮影する写真は、あくまで素材ですので、天気が悪くても、空は青空に差し替えたりするんですが、そうしますと、写真をやっている人から見ると、なんやら違和感があります。
影の方向、強さ、光による建物の色などが違うからです。

なので、撮影したものを合成せずに使用できればそれにこしたことはありません。

普段の自然風景の撮影では、写真を合成する、ということは、多重露光撮影以外には私の場合は、まずやりません。
でも、広告の撮影ではよくあることです。
よりよく見せるための工夫というのが沢山あります。

Img_4481kawai

あ、いっつも高いところから撮影しているというわけではないんですが。
ここのところ、結構高いの多いかな〜。

サイト(アウトレットの敷地)の撮影は、結構長く続いておりますが、好きな撮影の一つです。
敷地内にはそれほど毎回変化があるわけではないんですが、クライアントの要望の変化や、自分の表現の変化はあるので、飽きずに撮影できます。
クライアントの要望とデザイナーさんのアイディア、そして自分の好みを合わせていく作業が、意外と楽しいんです。
かつて、企業の写真制作チームにいたころは、そういう、みんなで作り上げていく作業が少々苦手だったんですが、いざ離れて一人で撮影することを多くやってみると、今になって「あれ?共同作業、やっぱり結構好きかも〜」と思うようになりました。

それは歳を重ねたせいもあるし、かつてはおっかなびっくりやっていた撮影に、自信がついてきたからかもしれません。
昔は習った通りにしかできませんでしたが、今は多少トラブルがあったとしても、その場で何とか考えて作り上げる余裕がでてきました。

Img_1003kawai

Canon EFレンズ TS-E17mm F4L ティルト・シフトレンズも大活躍〜。
実はこの撮影にしか使わないんですが、昔、4×5の撮影をしていた頃を思い出しながら、なかなか楽しく使っています。
とはいえ、このレンズ、結構難しいので、普通に楽しむならTS-E24mm F3.5L II ティルト・シフトレンズの方が使いよいとは思います。
な〜んて、普通の人は、ティルト・シフトレンズなんて使わないよねぇ。
私もこの仕事がなかったら買わないもんhappy02

+++++++++++
以下は2011年7月発売の写真雑誌のご紹介です

■フォトテクニックデジタル 2011年 08月号
出版社: 玄光社
発売日: 2011/7/20
【特集】
身近な被写体にこそ季節の妙趣がある
夏の風物詩を撮る
photo+text=福田健太郎/敏 龍彦/佐藤 尚/川合麻紀/田中達也/萩原史郎/萩原俊哉/丸橋ユキ
夏のイメージの写真とポエムで構成されています。
掲載ページP96-97

■デジキャパ ! 2011年 08月号
出版社: 学研マーケティング
発売日:2011/7/20
巻頭特集 5日でわかる絞り優先オート
実践編ポートレート撮影の子供を担当しています
掲載ページP43 

■CAPA (キャパ) 2011年 08月号
出版社: 学研マーケティング
発売日: 2011/7/20
キヤノンフォトクラブ東京ゼロの写真展情報が掲載されています
掲載ページ P60、P68

++++++++++++++++++++++++

2011年6月発売の写真雑誌のご紹介はこちら

■日本カメラ 2011年 07月号

出版社:日本カメラ社

発売日:2011/6/20

P98-99
She Has A PEN vol.3
彩り写真家・川合麻紀のOLYMPUS PEN Lite E-PL2
GWにでかけてきました、南イタリア アマルフィー海岸でのスナップフォト+OLYMPUS PEN Lite E-PL2についてのインタビュー記事です。

■デジキャパ ! 2011年 07月号

出版社:学研マーケティング

発売日:2011/6/20

P40-41
カメラグランプリ2011 レンズ賞受賞
タムロン18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B008)について
人気の高倍率ズームレンズで旅スナップした写真を掲載

*****それ以前について*****

2011年5月発売の写真雑誌のご案内

2011年4月発売の写真雑誌等のご案内

2011年3月発売の写真雑誌等のご案内

2011年2月発売の写真雑誌等のご案内

|

« タムロンのマクロ小冊子「マクロレンズな日曜日」 | トップページ | 霧の中へ »

おそとフォト(屋外撮影)」カテゴリの記事

日記、記録」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

>Amyさん
ほんと、毎日暑いですね〜。
おかげさまで、外での絶対の仕事がそれほどつまっていないので、お部屋で仕事しています。
上からの撮影は手持ちでもできなくはないんですが、例のレンズを使う時は精度を出したいので三脚使っています。
実習も十分楽しんでいますよ。
だって、みなさん楽しそうにおしゃべりしているので見てて聞いてて楽しめますhappy02

>ISO400さん
TS-Eレンズ、一応AE使えます。
ただ、光軸を大きくずらすと大幅に狂うこともあります。
でも、今はデジタルだし、ライブビュー使えば露出は見たままです。

>ゆうたさん
カメラの設定は大体を先にやっておきます。
なので、登ってからやることはそれほどないんです。
ですから、結構むずかしくはありませんよ〜!

投稿: かわいまき | 2011年8月10日 (水) 22時16分


高い!!!

僕は、その三脚持ってても、怖くて登れないかも・・・

その、高さでカメラの設定とか。。。考えられませんwww

投稿: ゆうた | 2011年8月10日 (水) 22時09分

川合先生、こんばんは。
ビックカメラに行ったのですが、「マクロレンズな日曜日」品切れでした。
TS-Eレンズですが、AE撮影可能と聞いて購入を検討したことがあるのですが、ティルト・シフトをするとAEが利かないことが判り断念しました。大判カメラで商品撮影する時は、アオリは多用されるテクニックなんですよね。

投稿: ISO400 | 2011年8月10日 (水) 19時50分

こんにちわ。 今日も暑いですね。 
恐ろしく高い三脚と脚立ですね。 カメラをつけて、立たせる時も一人では無理ですよね。 某雑誌で見た、先生の三脚紹介。 その時も一番高いのを見て驚いたのですが、今回はそれ以上。 私だったらいつも以上に恐怖でブレブレ写真になりそうです。

 先生の好きな撮影の一つと伺い嬉しくなりました。
私たちの実習も先生の好きなお仕事の一つだと嬉しいな~happy01

投稿: Amy | 2011年8月10日 (水) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270793/41155628

この記事へのトラックバック一覧です: 高いところも結構平気〜撮影風景編:

« タムロンのマクロ小冊子「マクロレンズな日曜日」 | トップページ | 霧の中へ »