« ありがとうと、ごめんなさい | トップページ | テーブルフォトの被写体 »

2011年2月15日 (火)

ガンレフテーブルフォトゼミご報告

日曜日のガンレフテーブルフォトゼミ。

※雰囲気はこんな感じでした。動画でどうぞ〜

参加者のみなさまは、カメラをはじめて間もない方から、スタイリングになれた方まで、さまざまでした。
はじめに、私と、私をアシストしてくだったFさんとで、いくつかスタイリングを作ってお待ちしておりまして、その撮影後はご自分の持ってきたものを各自撮影していただいたり、私が用意した物を撮影していただきました。

テーブルフォトのイベントをするといつも思うのは。

みなさんは、まずは何を撮りたいのかな?ってことです。

え〜?って思うかもしれませんが。

テーブルフォトといっても、マクロ的な世界もあれば、インテリア的な広い世界もあります。
ふんわりやわらかもあれば、渋いカッコイイ系もあります。
2次元構成もあれば、3次元構成もあります。

写真をやりはじめて間もない方は、まだ何を撮りたいかがはっきりしていない方が多く、その場合、自分で1から絵作りをするのは少々難しいといえます。

EOS学園などは、一年かけて、ゆっくりとステップアップしていきますので、その間の実習で興味があろうがなかろうが、無理矢理いろいろな被写体と向き合っていただきます。
その中で、徐々に、何に興味があって、何が撮っていて楽しいか、というあたりを発見していただくわけです。

1回限りのクラス、あるいは数回のものでは、なかなかそこまで引っ張っていって差し上げることは難しく、毎回、何を主体にお話するかは頭を悩ますことでもあります。

私自身のことを考えてみると。
広くスタイリングするわけではない、マクロ的なもののほうが本来は好きです。
ただ、ここ数年の女子系の写真ブームによって、スタイリング系の写真も必要とされまして、徐々にそれらの写真も撮るようになりました。

まぁ、写真の基礎がわかっていれば、物をどのように置いたら写真映えするのか、というのは自然と導き出されますので、それほどむずかしいことではありません。

広くおしゃれにスタイリングするには、沢山の被写体と空間が必要になります。
それに物が多くなればなるほど、自然に見えるようにするのもむずかしいです。
いかにも「作った感」がしちゃいまして、なんでそのスタイリングし、写真にしたのか、というあたりが問われます。

まずは小さなスペース、小さなものからスタートするのがおすすめです。

さて。
写真ですが。

今回、参加者の方がお持ちになった、きらきらなスワロの蝶々。

こういうのは私の得意とするところでして、
きらきら大好き〜!というわけで撮らせていただきました。

Img_0340kawai_2

自然光で撮影していると、光がどんどん変化していくので、いろいろな表情がでて楽しい被写体だといえます。

本日の写真は。
EOS Kiss X5と、60マクロで撮影しています。
EOS Kiss X5は2011年3月3日発売予定です。
これから一眼レフを始める方にはおすすめです〜。

|

« ありがとうと、ごめんなさい | トップページ | テーブルフォトの被写体 »

おうちフォト(屋内撮影)」カテゴリの記事

テーブルフォト」カテゴリの記事

コメント

>risukouさん
私のおうちは写真に撮れるような感じではまったくないので、広い感じの写真は撮れません〜。
ある程度作り込むことはできますが、そこで生活しているという、時間が作り出す雰囲気にはなかなかなりませんしねぇ。

>chisatoさん
参加者の方のリンクは、はてさて。
今度講評会が終わってから、みなさんにきいてみます!

>くまこさん
れれれ。私なんかつぶやきましたっけ(笑)
広い世界、狭い世界、みなさんそれぞれ好みがありますから、どっちが好きでもいいんですよ〜。
広い世界の場合には、そういうおうちに住んでないとむずかしいですけど、作り込んでできないことはありません。
どっちにせよ、光はとっても重要な要素になります。
自然の光で撮影していると、その日のお天気次第になりますから、それもまた臨場感があっていいのではないかと思います。

投稿: かわいまき | 2011年2月17日 (木) 13時07分

お家に帰ってきてから、
キッチンでうかがった「テーブルフォトとは」のお話が参考になって、
ちょっと違う角度でお家でテーブルフォトを楽しめるような気がして、
なんだか色々昨日も今日も、撮りました♪

実は夏の時は、A4かA3くらいの世界を撮って、雑誌に載ったとき、
あんましつまんないな〜なんて思って、
今回はひろ〜く撮ってみましたが、
そうかそうか、光をよんだりすることが大切だったのか、
と、終わってから気がつきました〜!!!

でも今回はもう少しその中で小さく色々撮ってみればよかったな〜と
帰ってきてさらに思いました〜。

写真て奥が深いですね。

そうそう、バンドエイド無事にお風呂に入るまでピッタリでした。笑
ありがとうございました♪

投稿: くまこ | 2011年2月16日 (水) 01時07分

こんばんは~♪
寒い日々が続きますが冬眠してないですか?
ハウススタジオでのレッスン、楽しそうでしたね♪
また参加された方々のblogが紹介していただけると、
遊びに伺い参考にさせてもらえるんだけどな~なんて、自分勝手を言ってます・汗

ガラスの蝶、キラキラしてきれいですね♪

投稿: chisato | 2011年2月16日 (水) 00時25分

こんばんわんこ。
“インテリア的な広い世界”もテーブルフォトの分野になるんですか? そうなのか…。

本題とはズレますけど、僕はいわゆる“おしゃれなインテリア”とか“きれいな新居”みたいな画が好きじゃありません。CMでもテレビ番組でも写真でもです。「ほんとに生活してんの?」、「どうやって料理してんの?」みたいな家が多くないですか? 一方で、たとえば『ELLE DECO』に出てる外人さんの家は、住んでる人の好きなモノが雑多に積んであって、整理されてるとはとても言えないけど、生活感があって自然で好きです。

もし先生が“インテリア的な広い世界”も撮られるんだったら、きれいオンリーじゃなくて個性的な世界が見たいなぁ…と思います。

すみません、ただの独り言です。コンテスト審査、おつかれさまでした。

投稿: risukou | 2011年2月15日 (火) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270793/38883567

この記事へのトラックバック一覧です: ガンレフテーブルフォトゼミご報告:

« ありがとうと、ごめんなさい | トップページ | テーブルフォトの被写体 »