« ミラノ ドゥオモで感じる何か | トップページ | 金色の時間 きらきらなワンちゃんたち »

2010年12月 5日 (日)

わんちゃんたちと戯れる一日

イタリアネタから一時離れまして、
本日は土曜日のワンちゃんフォトイベントのお話です。

個人的に依頼されるお教室というのもやっていまして、
今回のものは、その1つです。
当日の様子、詳しくはブログ「風太んタンたん♪」にてご覧ください。

たくさんのワンちゃんたちと、そのオーナーさんが集まって、お外でカメラ教室でした。12月にしては暖かく、撮影日和sun

ポートレート撮影では、背景と光について、特に重点的にお話しました。
その際、私は余裕がなくて撮影していませんので、
その後走るシーンを撮影したときのものを載せておきましょう。

ちょっとサイド光が強い条件でしたので、顔の半分側は真っ黒になってしまいましたが、雰囲気はカッコイイのではないかとcoldsweats01

Img_1375kawai
Img_1389kawai
Img_1401kawai

はや〜い!
走る走る〜!

Img_1421kawai

あれれ、歩く歩く。。。

Img_1415kawai
Img_1432kawai
Img_1466kawai
Img_1486kawai
小っちゃくても、飛ぶ飛ぶ〜!

走りフォトに関して、一番大事なのは、「慣れ」です。
カメラを被写体の動きに合わせてしっかりと振れるか、というあたり。
私も、たまに撮影する程度なので、相手の動きに合わせられるようになるには何回か練習しないと一発では無理です。
そして、しっかりAFフレームに被写体を重ね続けれられるかも大事ですよ〜。

脚が4本あがった瞬間が撮れたら、飛んでいる感じはでますが、そのタイミングでシャッターが切れるかは、かなり難しいですね〜。
この手の写真をメインに撮影するのであれば、秒間何コマ切れるか、というカメラの性能が結構重要になってきます。

(な、なんと、この日私はせっかく7Dを使いながら高速連写にしてませんでした。ああ。)

後は、練習あるのみ〜。

あっという間の半日でした。
オーナーのみなさま、ワンちゃんたち、楽しい時間をありがとうございました!

夕方のお写真は12月6日のブログ「金色の時間 きらきらなワンちゃんたち」にてご覧ください。

camera上の写真はEOS 7D にEF70-200mmF4L IS USMで、手持ち撮影しています。
トリミングしているものもあります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

■NHK趣味悠々 撮り方自由自在!デジタルカメラ写真術 新版(NHK趣味悠々 番組DVD付き」

NHK趣味悠々 撮り方自由自在!デジタルカメラ写真術 新版BookNHK趣味悠々 撮り方自由自在!デジタルカメラ写真術 新版

著者:桃井一至,川合麻紀
販売元:毎日コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

sun

■川合麻紀の「ちょっとしあわせフォトレッスン」(学研)
 2009年度のデジキャパ!の連載を一冊にまとめた本です。
20100426_

Bookちょっとしあわせフォトレッスン

著者:川合 麻紀
販売元:学研マーケティング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アマゾンで在庫切れの場合にはこちらもご利用ください

学研WEBショップ
セブンネットショッピング
紀伊国屋WEBショップ

sun

はじめてのデジタル一眼 撮りかたレッスンBookはじめてのデジタル一眼 撮りかたレッスン

著者:川合 麻紀
販売元:三栄書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

****************
8月&9月発売の本などのご案内

6月&7月発売の本などのご案内

4月発売の本などのご案内

2月&3月発売の本などのご案内

1月発売の本などのご案内

12月発売の本などのご案内

11月発売の本などのご案内

また、右のカテゴリーからもご覧いただけます。cat

|

« ミラノ ドゥオモで感じる何か | トップページ | 金色の時間 きらきらなワンちゃんたち »

おそとフォト(屋外撮影)」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

川合関係アナウンス(写真教室・写真ツアー)」カテゴリの記事

コメント

>risukouさん
7Dの高速連写使うの忘れちゃってました。
普通の連写だったようなhappy01

>Noriさん
光の差があるときには、どっちを優先するかを考えます。
シャドー部を見せて、ハイライト部を飛ばしちゃうか、
その反対か、です。
背景の状況で、どっちもありだと思いますよ。
わんこレッスンは希望者がある程度人数がいて、しきってくれる方がいればやりますよ〜。

>Atsukoさん
チャッピー、ずいぶん大きくなったのでは〜?
小さくても元気に走ってましたから、広い場所だときれいに撮れそうですね!

>Amyさん
4本脚全部空中で撮れたならすごいですよ〜!

>YASさん
確かに商売で撮るなら、1Dですね〜。
いっぱい撮れますし〜。

投稿: かわいまき | 2010年12月 6日 (月) 16時10分

人気の飛行犬ですね。
商売するには1Dが必要ですけど、7Dクラスでも撮影は問題ないですね。
自分が犬好きだったら間違いなく挑戦してます。

投稿: YAS | 2010年12月 6日 (月) 08時49分

 今日、偶然にも、私も「走るうちの子」を撮影していました。
しかし、、、先生のとは大違いthink

 横姿ですが、初めて四本足全てが宙に浮いてる写真が撮れました。私も犬の撮影会やって頂けたら嬉しいですが、うちの子だったら大笑いで終わってしまいそうで、連れて行けないかもです。  

投稿: Amy | 2010年12月 5日 (日) 21時34分

先生、こんばんは!
チャッピーも呼びが確実にできるようになったら
こういうのをやりたいです。
来年はワンコレッスンを是非お願いいたしま~す!!

投稿: Atsuko | 2010年12月 5日 (日) 21時05分

先生、こんばんは~
みんな迫力のある走りっぷりですね~♪
私も時々走っている写真を撮るのですが、陽射しい日に射光を選んぶとお顔の半分が少し飛び気味です。
やはり飛び気味より暗めの方がいいのですよね。
先生のワンコとお外フォトのレッスン、個人的に受けてみたいです!

投稿: Nori | 2010年12月 5日 (日) 20時41分

こんばんは。
測距点も連写枚数も多いし、こういうのは7Dの独壇場しょうね、きっと。

僕は2枚目が好きかな〜。ターンするぜ!って気迫が感じられます。
次点は5枚目ですね。キャバの飼い主として垂れ耳倶楽部所属犬は応援しないと。

犬も猫もそれぞれ別のかわいさがありますが、なんで犬ってこんなに忠実なんでしょう。
プラスチックのおもちゃを噛み砕くほどの顎の力と歯があるのに人は噛まないし、主人が寝れば自分も眠るし。持って生まれたものとはいえ、ときどきその忠実さに涙がでます。

投稿: risukou | 2010年12月 5日 (日) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270793/37967833

この記事へのトラックバック一覧です: わんちゃんたちと戯れる一日:

« ミラノ ドゥオモで感じる何か | トップページ | 金色の時間 きらきらなワンちゃんたち »