« 「花占い」のイメージ | トップページ | 川合麻紀の CP+ 出演予定です »

2010年3月 3日 (水)

ホットケーキミックスでチョコパン

Img_0805kawai

月曜日に作った、チョコパン(もどき)です。
これもESSE3月号、yomeちゃんのレシピで作りました。

飽きもせずに、1週間に1度ペースで、ホットケーキミックスと格闘しています。

ココアパウダーと、チョコチップで、かなりリッチな感じです。
やはりホットケーキミックスで作ると、パンというよりは、なんていうか、そのクッキーのような感じ???

あ、そうそう、めずらしく、オーブンを使ってみました。
あまりに久しぶりなので、動くか不安でしたが動きました。

気持ち生焼けでしたので、カットしてから再度オーブントースターで焼いて食べました。
次回は時間を少し増やして焼いてみるかな。。。って次回作るのか、私?

camera撮影機材は
canon EOS7D
canon EF60mmF2.8macro USM

撮影のポイントは〜。
切った部分にピントを合わせていることと、
その面に光があたる方向にセッティングしていることですheart

sun

月末月初は雑誌類の締め切りがあるんですが、
今年は連載がないので、のんびり予定でした。
ついでに、3月いっぱいまでは教室も半分に減らしていましたから、余裕のハズ…

coldsweats01予定はそうだったんですが。coldsweats01

おかげさまで、倒れている暇もない(って、日曜日は倒れてたんですが)くらい、
仕事がじゃんじゃん降ってきます。

こつこつと仕事をする毎日です。

昔から、ほとんど目立たない私です。
それでもどこかで見ていてくれる人はいるようです。
世の中すてたもんじゃありません。
ありがたいことです。

天国のとーちゃんも、きっと喜んでいることでしょう。
とりあえず、何とか元気にやってるよ〜〜〜!

…業務連絡終わりscissors…(って誰にだ???)…

sun

カメラマン誌2010年3月号に、canon 100mmマクロLのインタビュー記事で登場しています。
並木カメラマンと、屋外フォト、屋内フォトの撮り比べしていますので、ご覧ください。
私は、室内での花フォトと、猫カフェ「ねこのすみか」の仔猫フォトを掲載しています。

カメラマン 2010年 03月号 [雑誌]Bookカメラマン 2010年 03月号 [雑誌]

販売元:モーターマガジン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

typhoon

1月発売の本などのご案内

12月発売の本などのご案内

11月発売の本などのご案内

また、右のカテゴリーからもご覧いただけます。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□

sun一眼レフデジカメの教科書本です!sun
はじめてのデジタル一眼 撮りかたレッスンBookはじめてのデジタル一眼 撮りかたレッスン

著者:川合 麻紀
販売元:三栄書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

sun趣味悠々の番組DVD付きでお得です!sun

撮り方自由自在!デジタルカメラ写真術 (マイコミムック - NHK趣味悠々) (DVD付)Book撮り方自由自在!デジタルカメラ写真術 (マイコミムック - NHK趣味悠々) (DVD付)


著者:桃井一至,川合麻紀

販売元:毎日コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「花占い」のイメージ | トップページ | 川合麻紀の CP+ 出演予定です »

おうちフォト(屋内撮影)」カテゴリの記事

コメント

さらに分かりやすい説明をしていただき感激です。
4月からの講座、最初は座学が多いようですが、基礎からしっかり学びたいと思います。
よろしくお願いいたします。

投稿: Nori | 2010年3月 5日 (金) 20時47分

>Noriさん
4月から、よろしく御願いいたします。
結構地味な教室ですので、はじめは戸惑うかも?しれませんが、のんびり1年やっていくと、ぐっとわかってきますので、楽しみにしてください。

上の写真は左に窓がある状態です。
切り口を光の方向へ向けています。
手前の切ったパンが、若干ピントを合わせているパンの邪魔をしていますが、これはもっと離してもかまいません。
わざとレフを使わずに、少し陰影を出しています。

投稿: かわいまき | 2010年3月 4日 (木) 21時15分

>ちょこさん
ニコンD40、いいカメラです。
んと、レンズ内モーターのレンズならオートフォーカス可能ということだと思うので、きっとほとんどのレンズが使えるはずですよ。

よおし、CP+終わったら、パン作るぞ〜!

投稿: かわいまき | 2010年3月 4日 (木) 21時08分

はじめまして。
勇気を出して初めてコメントをさせていただきました。

さて、ちょっと前に同じようにケーキの切り口にピンを合わせて撮影していたので先生のポイントがとっても勉強になりました!私の場合、せっかくの切り口が他のものの影が入ってしまって暗くなってしまったのです(涙)切り口に光が当たるようにスタイリングすればよかったのですね。

それから4月からEOS学園でお世話になる予定です。
今からとても楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: Nori | 2010年3月 4日 (木) 20時40分

私のカメラはNikon D40なんですよ。気に入っているのですが、オートフォーカスが本体についていないので、レンズが限られてきます。
最初のマクロレンズは100mmぐらいがよい、というのをどこかで読んだのですが、これは35mmのフィルムカメラのことだったのですね、きっと。APS-C用の60mmだと35mm換算で100mmにちょっと足りないぐらいですものね。麻紀先生が使っていらっしゃったタムロンの60mm、私のカメラでも使えるか、もうちょっと調べてみます。レビューはとっても良いみたいですね。

パンはケーキなどにくらべたらアバウト、アバウト。手順さえなんとなくわかれば難しくはないのですけれどね。自分にだってできるんだと思い込むにいたるまでが長かったかも。それから、自分のマシンがいったいいつこねてるか、どのぐらいの時間こねてるか、いつ静かになるかという流れがわかると、なあんだ、簡単じゃんと思えるかな。無理か。。いや大丈夫、ポジティブ、ポジティブ。。
CP+近くなら絶対にうかがうのになあ。。。準備楽しみながらできるといいですね。

投稿: ちょこ | 2010年3月 4日 (木) 14時48分

>ちょこさん
APSCでおうちフォトなら60マクロがはじめの一本ですね。
ちょこさんのカメラはなんでしたっけ?

フルサイズ用のマクロレンズというのは、APSCにも使えます。
反対はだめなことが多いです。

イーストを使うと、なんやら、繊細な感じですね〜。
だから面白いというところもありそうな感じも。
ポジティブ、、、、に。。。


投稿: かわいまき | 2010年3月 4日 (木) 10時27分

マクロレンズのこと、詳しくありがとうございました!前回投稿し終わって「センサーはAPS-Cと書くの忘れた」と思っていたのでした。私の場合まず一本目は60mmかな、と思うのですが実際にお店で試してみます。一応こういう基本的な考え方がわかっていれば、お店の人と意味ある会話ができるので助かります。フルサイズ用のレンズ買ったりしないように注意します。
ホットケーキミックス=簡単という思い込み、これですね。わかりました。謎がとけた。その枕詞で本も売れるのと同じですね。good
パンはですね、私もホームベーカリーを手にいれたときには「食パン以外は絶対に作らない」と心に固く誓っていたわけですが、なんとなく成型パンも焼いてみると楽しいことは楽しいですね。成型するときも粘土遊びっぽくて。焼きたてならとりあえず美味しいし。一日仕事だと思うと面倒なのですが、冷蔵発酵はどうでしょう。前の晩にホームベーカリーでこねるところまでやっておいて(うちのマシンだと捏ねは30分ぐらい)ラップして冷蔵庫に入れちゃいます。次の日時間があるときにパンチしてガス抜いて成型して、そのまま室温に出しておくと1時間ぐらいたてばいい具合に膨らむのでそしたらオーブンで焼く、ぐらいな感じでやると気分的には楽かな。イーストって生き物なので時によって出来具合も違うのですが、なんとなくつじつまはあってしまいます。イーストはSAFです。
あっ、でも写真的には私のパンは被写体には難しいのですけれどね。麻紀先生ならとっても愛嬌のある可愛いパンが焼ける気がするぞ!ポジティブ、ポジティブ。。。
足、大丈夫ですかぁ?お大事に。

投稿: ちょこ | 2010年3月 4日 (木) 01時29分

> risukouさん
あ、今日はひなまつりでしたね〜。
どうりでテレビの料理番組がちらし寿司なんだった。。。

>みっちゃん^^さん
このタイルは、上手く使えなくて、しばらく置いておいたものだったんですが、
先日カメラの撮影で、これを背景に使ったら、とてもきれいに撮れたので、それから使ってます。
タイルの色の一色と、手前の被写体の色が合えば、違和感がないみたいです。
結構いい感じになりました。
チョコには、そうですねぇ、結構濃いめの色が合うような気がします。
赤とか、茶色とか、黒とか。

投稿: かわいまき | 2010年3月 3日 (水) 17時19分

思わず、ESSEのYOMEちゃんのと比べてみちゃいました^^;
ん~!これですね^^ どちらも美味しそうです!

写真的には、チョコレートのパンの場合
かわい先生のように周辺(背景)もシックな色を持ってきたほうが
美味しそうでオシャレに見えるような気がします!よね?(笑)

投稿: みっちゃん^^ | 2010年3月 3日 (水) 17時00分

こんにちは。
チョコの苦みと焼きたて感がよく伝わります。
ポイントも参考になりますm(_ _)m。
きょうはこれからミネストローネを作ります。
うまくできたら撮ってみようかな。
楽しいひな祭りを〜。

投稿: risukou | 2010年3月 3日 (水) 16時38分

>ちょこさん
ホットケーキミックスを使う魅力は
「簡単」っていう気にさせられるところでしょうか?
写真本でもそうですが、「簡単」というキーワードにみなさん弱いんだと思います。
たとえ、それが本当に簡単でなくても、簡単な気分にさせられる、という魔法のようなものかもしれませんhappy01

ホームベーカリーも実はうちにありまして、そろそろ出番かなぁとは思っていました。
食パンをつくることしかやったことがないんで、それ以上のことをやろうとすると、なんとなく「むずかしい」ような気持ちになるのも魔法かもしれません。

マクロレンズは、使うカメラによっても異なります。
昔、といいますか、フィルム時代は、90ミリ〜100ミリくらいが定番とされていました。
現在、デジカメなら、センサーのサイズがAPSCのもの、たとえばEOSでいうとキスや50Dや7Dなどですが、これらのカメラなら60ミリが定番な感じになります。
フルサイズのカメラなら、5Dなどですが、100マクロです。

もちろん、キスに100マクロでもいいですが、その場合、同じサイズに撮るとしても、60マクロにくらべ、少し距離が必要になります。
おうちが大きくて、後ろに下がれるのであれば、100でもかまいませんが、
おうちフォトだけですと、60マクロが使いやすいかもしれません。

お花などのおそとフォトがあるようなら、近づけない場合もありますから、むしろ100でもいいですよ。

たとえば、キヤノンですと、60ミリマクロはAPSCセンサーサイズのデジカメ専用レンズで、100はどのEOSにも使えるということになっています。

投稿: かわいまき | 2010年3月 3日 (水) 13時57分

パンはやっぱりイーストが入らないとパンという気にさせてくれないのかもですね。そろそろホームベーカリーの出番ですよ。
ホットケーキミックスを使うと、とっておきの味になるのかなあと思って私も秋のESSEの特集をわざわざ日本から取り寄せてみたのです。いくつかトライしてみました。で、最終的にはホットケーキミックスだと味はやっぱりホットケーキの味になるという結論に達しました。それから、ホットケーキミックスを使うからといってものすごく手間が省けるということもないとも気づきました。そういうわけで未だにホットケーキミックスの特集が組まれるほどの人気が私には謎なのです。麻紀先生、ずばりホットケーキミックスの魅力は何なのでしょう?
写真、背景のタイル(?)もいい感じですね。マクロレンズは初心者が最初に手に入れるとしたら60mmと100mmのどちらがお勧めでしょう。その前にマクロフィルター使ってみようかな。

投稿: ちょこ | 2010年3月 3日 (水) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270793/33605755

この記事へのトラックバック一覧です: ホットケーキミックスでチョコパン:

« 「花占い」のイメージ | トップページ | 川合麻紀の CP+ 出演予定です »