« クリスマスの窓 | トップページ | 微かに輝くガラスの森 »

2009年12月16日 (水)

おうちでミニクリスマスツリーをキラキライメージで撮る

クリスマスのグッズはハロウィンが終わったあたりから買い始めますが、
私の場合には、クリスマス寸前でもまだまだ探します。
面白いものが見つかったり、価格が下がってお安くなったりheart04
被写体用として買いますから、また来年使えればいいなぁと。

写真は、ハンズで買ったツリーです。
45センチですので、かわいらしいサイズ。
展示品で、多少のダメージがあったため、半額で2800円でした。
もともと、ライトもオーナメントも、鉢も付いている状態でした。
オーナメント類ってつけるの結構センスいりますから、予めついていてラッキー!

さて、撮影です。
我が家は古〜いボロ屋なのと、私に片付けのセンスがないので、
おうちの中はまったく撮影に適しておりません。
オシャレなインテリアとはほど遠いですから、飾る場所もないですし、ツリーは買うつもりがなかったのですが、買ったからには撮影してみようかなと。

で、すぐに撮るから〜、なんていってるうちに、3日たちました。
昨日、たまたま生徒さんがクリスマスツリーを撮るのがむずかしいとつぶやいていましたので、
試してみることにしました。

…こういうきっかけがないと、どうも、自力では、なかなか腰が重くて…

Img_5734kawai

じゃじゃ〜ん!

狭くてきたない我が家でも、十分きれいではありませんかぁ(自画自賛smile
昼間の2時頃ですが、十分きらきら感を出せたんじゃないかと思います。

写真って嘘つきですから〜。
…あ、嘘つきは私か?coldsweats01

って、この記事を書きながらよくよく見てみると、1つライトが光ってませんねぇ。
さて、全部片付けちゃった今、再度はじめから撮影するか、
それとも気がつかなかったことにするか。。。coldsweats02

typhoon

Img_5833kawai

再度はじめから撮影開始〜。
どっちがいいかといわれると、

構図は初めのほうが好きでした。
ライトは全部ついているほうがいいので後の方がいいです。
その他、2回目の写真でも、実は気になる点がいくつかありますねぇ。
あわてて再撮したのがいけなかったかしら?

1時間の違いで、なかなか同じようにはいかないものです。
そのうちもう一回撮りますか。。。(本当かなぁ〜?怪しいところですが…)

camera上の写真の撮影機材は…
canon EOS 5D Mark II
canon EF100mmF2.8L IS USM

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、以下でご案内しているテーブルフォトクラス。
今回は雑誌連動で、1日体験クラスになっています。
一眼レフデジタルカメラのお貸し出しがありますので、普段はデジタルコンパクトを使っている方でも、気軽に参加できます。
一眼レフ初心者の方、お待ちしております。

clipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclip

2010年1月17日(日曜日) 10:30〜15:00
shineテーブルフォト撮影セミナー開催!shine
11月25日のページでもご案内していますが、わかりにくいとのコメントをいただきましたので、ここで補足します。
■都内ハウススタジオ
■1万7000円(講習、お昼のお弁当、撮影機材貸出、プリント代含む)
■キヤノンのデジタルカメラ&レンズのお貸し出しをいたします。
■申し込みは、oubo@digi-came.com
〒番号、住所、氏名、年齢、職業(学年)、電話番号、ファックス番号を書いてメールしてください。
■締め切りは2010年1月5日です。
■当日撮影した写真は、「カメラマン」3月号に載る可能性があります。

clipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclip

また、タムロンWEBでも、雑貨フォトを含めた
マクロレンズの使いこなしを提案しています。

Banner_macrokawai

タムロンWEBサイト
「川合麻紀のおしゃれなSP AF60mm F/2 マクロ撮影術」の 第5回“お気に入りの小物・アクセサリーを撮る”編(12/4〜)公開中

□バックナンバー□

○第1回目「可憐な花を美しく撮る」編(9/18〜)
○第2回目「フラワーアレンジメントをおしゃれに撮る」編(10/9〜)
第3回目「子供のかわいらしさを撮る」編(11/2〜)
第4回目「ペットの可愛いしぐさを撮る」編(11/17〜)

公開中!

sun11月発売の本などのご案内はこちらからどうぞご覧ください。
また、右のカテゴリーからもご覧いただけます。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□

はじめてのデジタル一眼 撮りかたレッスンBookはじめてのデジタル一眼 撮りかたレッスン

著者:川合 麻紀
販売元:三栄書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« クリスマスの窓 | トップページ | 微かに輝くガラスの森 »

おうちフォト(屋内撮影)」カテゴリの記事

テーブルフォト」カテゴリの記事

夜景&イルミネーション」カテゴリの記事

コメント

>ちょこ さん
そうです。
クロスフィルターです。
光芒はお好きな数のものを選んでください。
クロスフィルターはちょっとコツが必要で、
おっしゃるとおり、かわいらしくすっきり見える程度が好ましくみえると思います。
いろいろ試してみてください。

投稿: かわいまき | 2009年12月18日 (金) 10時06分

麻紀先生!フィルター情報ありがとうございます。Cross Screen Filterで買えますね。キラリィン4本、6本、8本とあるんですね。
インターネットでこのフィルター使いの画像をいくつか見たのですが「キラリン、キラリンとうるさすぎ」という印象の写真もありました。先生のキラリィンはセンスがあって上品で、でも華やかにも見えるところがさすが。xmas
「本の間違い探し」私には無理だろうな。真に受けて信じやすい性格なので。一眼レフをいじるようになって、写真を見るのも楽しくなりました。そういう意味で、「はじめての」で先生の写真をじっくり見るのが楽しいです。全部大きい写真ならいいのに、と無理なことを思っています。

投稿: ちょこ | 2009年12月18日 (金) 04時00分

>ちょこさん
1枚目は、午後の光が窓から差し込んでいる状態、2枚目は日がかなり落ちて前のおうちで日が遮られ、直接部屋に日が射さなくなった状態です。

きらりーんは、フィルターを使用しています。
スノークロスフィルターといいます。

本は、、、じっくり読むと、間違いが発見できるかもcoldsweats01
見つけられたらすごいです。

投稿: かわいまき | 2009年12月17日 (木) 12時17分

一枚目、ライトがついていないことには全く気づきませんでした。一枚目の温かみがいいなあと思ったのでライトの件は気づかないことでよいと思いました。(勝手に断言) 1時間の光の変化で全体の色合いも全然違うのですね。そこにもびっくりです。
光とレンズの関係性などがわかると写真の世界広がるんでしょうね。私はまだなんだか闇の中なのですが、少しずつ違うことを試して、わかってくる過程を楽しんでいます。
この、ライトから直線で出るキラリィンをとらえるのはこつがあるのでしょうか?私が撮ったライトの光はピントがいまひとつなのはおいておいて、短い直線がライトから出すぎて、「キラリィーンshine」っていう感じが皆無なんです。「電球撮りました!flair」みたいな。
「はじめてのデジタル一眼」日本から取り寄せました。毎晩少しずつ丁寧に読んでいます!読んで、実践して、楽しんでいきます。

投稿: ちょこ | 2009年12月17日 (木) 03時54分

>WPOさん
こんばんは。はじめまして!
写真は沢山撮るとうまくなります。
その際、試行錯誤すると、更にいいです。
この写真も、試行錯誤・・・そのうちのもう一回、できるかな。。。

> Super_dolphinさん
巻ききれないのは、背面にたらしちゃえばわからなくなっちゃうかもですよ。
お外のツリーもきれいですから、是非!

>すみさん
実は。
この背景の壁は、板です。
つまりホントの壁じゃないんですよ〜。
小さいツリーだからできるワザです。

投稿: かわいまき | 2009年12月16日 (水) 22時52分

わあぁー。素敵です。
背景の壁の雰囲気や、少し見えるカーテンも
ふんわりした感じですね。
ウチのツリーは条件が違いすぎ・・・。
背景がのっぺりした壁か、ドア(泣)
他の面はテレビとか!とほほ。
いや、しかしめげずにチャレンジしてみます。

投稿: すみ | 2009年12月16日 (水) 18時19分

うちは30センチくらいのツリーに2メートルくらいの電飾。
巻ききれません^^;
しょうがないのでカメラ持ってツリーハンティグしてみます。横浜駅周辺を歩いただけでも多くのツリーを見ることが出来ます。クイーンズタウンの大きなツリーは「館内撮影禁止」なのが残念です。

投稿: Super_dolphin | 2009年12月16日 (水) 03時56分

はじめまして。こんばんは。
読んでいるうちに写真cameraがうまく撮れるようになるといいなー。
と思いながらいつも楽しく読ませていただいてます。

>気になる点がいくつかありますねぇ。
が気になりますー。
“そのうちのもう一回”を楽しみに待ってます。

投稿: WPO | 2009年12月16日 (水) 03時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270793/32618425

この記事へのトラックバック一覧です: おうちでミニクリスマスツリーをキラキライメージで撮る:

« クリスマスの窓 | トップページ | 微かに輝くガラスの森 »