« ハンバーガーの写真 | トップページ | 風太&魔裟斗&陸、I love パピヨン »

2009年10月 8日 (木)

白くな〜い!? ビタントニオで白いタイ焼きに挑戦するも。

台風、すごかったですね。
みなさんは大丈夫でしたか?

今週は、雨と台風予想で、外にいくはずの仕事が全部キャンセルになりました。
すっかりおうちの人です。

本日は、Vitantonio バラエティサンドベーカーで「白いタイ焼き」に挑戦です。

Vitantonio バラエティサンドベーカー VWH-4100-WKitchenVitantonio バラエティサンドベーカー VWH-4100-W

販売元:Vitantonio (ビタントニオ)
発売日:2009/09/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上手に焼けるようになったら、被写体として登場させるつもりで、
こっそりと撮影小物を集めていることです。
なので、本日のフォトは超適当。

Img_0913kawai

和菓子系フォトは、何をそろえていいやら微妙にわからないところもあって、
背景は和紙か、それとも漆塗りのお盆とか?
食器は陶磁器かな、とか。
サブに使う小物は、お茶の道具かなとか、いろいろ考えてみるも、うちにはほとんど素材がない。
父が生きていた頃、趣味で陶芸をやっていましたが、
父の作品はへんてこりんなものが多くて、被写体には使えないしsmile
あ、そういえば、お友達たちの作品に何かあったなぁとか引っ張り出してきたのが今日のお皿です。
その下には何を使えばいいんだかよくわからなかったので、
とりあえず黒いランチョンマットにしてみましたが、縦横のラインがどうも気になる私。
布だから、ぴしっといかないのはしょうがないんですが、どうも気持ち悪い感じが。
布使いは難しいですね。

それよりもなによりも、白いタイ焼きのはずが、こんがりいい色ではありませんか〜!
ちゃんと今日は粉の重さとかちゃんと計ってみたんです。
タピオカ粉と薄力粉。
むむむ。
どうしたら白くなるんだ〜?
白くならないんなら、いっそ、ヨモギの粉でも入れて緑にしちゃうかなcoldsweats01
あ、一応焼きたては、中はもっちり、外はバリッと、でした。

撮影機材はここのところずっと、キヤノンEOS7Dとタムロンの60マクロです。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D ボディ EOS7DCECanon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D ボディ EOS7D

販売元:キヤノン
発売日:2009/10/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TAMRON SP AF60MM Di2 MACRO Model G005ECETAMRON SP AF60MM Di2 MACRO Model G005E

販売元:タムロン
発売日:2009/08/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

※ちなみに、タムロンのレンズには、キヤノンマウント、ニコンマウント…というように、つけるカメラによって製品が違いますので、購入するときには、ご自分のカメラにあったものを選んでください。

++++++++++++++++++++++++++

Img_9729kawai

「GANREF」にて、ギャラリーをオープン中。

++++++++++++++++++++++++++

川合麻紀のおしゃれなSP AF60mm F/2 マクロ撮影術

Banner_macrokawai

マクロレンズの被写体別使いこなしを6回にわけてWEB上で見ることができます。
第1回目「可憐な花を美しく撮る」編公開中!

++++++++++++++++++++++++++
 
タムロン マクロフォトコンテスト 募集中!
締切:10月31日(土)※消印有効

タムロンのマクロレンズに限らない、という太っ腹なフォトコンテストです!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

発売中の雑誌等情報は、「続き」にてどうぞ。

9月18日発売の掲載誌など

■『デジキャパ!』の連載、今回のテーマは「お料理フォト」です。6ページ書きました。

デジキャパ ! 2009年 10月号 [雑誌]Bookデジキャパ ! 2009年 10月号 [雑誌]

販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


■『カメラマン』の連載は、「水族館」がテーマです。2ページ書きました。

カメラマン 2009年 10月号 [雑誌]Bookカメラマン 2009年 10月号 [雑誌]

販売元:モーターマガジン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


■『アサヒカメラ10月号』月例フォトコン審査もあと数回!

アサヒカメラ 2009年 10月号 [雑誌]Bookアサヒカメラ 2009年 10月号 [雑誌]

販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


■『フォトコンライフ10月号』
カメラのキタムラさんの2008年秋 四季のフォトコンテスト(腕試し部門 自由テーマ)の講評しました。

フォトコンライフ No.39 (双葉社スーパームック)Bookフォトコンライフ No.39 (双葉社スーパームック)

販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


タムロン・ブロニカクラブ会報の20号
60ミリマクロのインプレッション記事を書いています。被写体は、猫と犬です。

先月発売の雑誌と、隔月刊、そしてその他の本は下記でごらんください。

2009年8月20日発売の雑誌

デジタル写真生活 2009年 09月号 [雑誌]Bookデジタル写真生活 2009年 09月号 [雑誌]

販売元:三栄書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

その他写真本

シーン別デジタルカメラ撮影術入門 (NHK趣味悠々)Bookシーン別デジタルカメラ撮影術入門 (NHK趣味悠々)

販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する


撮り方自由自在!デジタルカメラ写真術 (マイコミムック - NHK趣味悠々) (DVD付)Book撮り方自由自在!デジタルカメラ写真術 (マイコミムック - NHK趣味悠々) (DVD付)


著者:桃井一至,川合麻紀

販売元:毎日コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


デジタル一眼レフきれいに撮れる写真時間 (Gakken Camera Mook)Bookデジタル一眼レフきれいに撮れる写真時間 (Gakken Camera Mook)


販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


□□□□□□□□□□□□□□□□□□

|

« ハンバーガーの写真 | トップページ | 風太&魔裟斗&陸、I love パピヨン »

おうちフォト(屋内撮影)」カテゴリの記事

コメント

>ちょこさん
時間を短くすると、何となく生焼けみたいな感じになるんです。
なので、味優先で、ホントは白いはずな白くないタイ焼き、でいいことにします。
まだタピオカ粉があまっているので、またヨモギ色で作ってみます。

>やなちゃんさん
黒目のムジのお皿もよさそうですね〜。
うちにはないので、今度考えてみます。

投稿: かわいまき | 2009年10月 9日 (金) 13時23分

白くない!?けど、微妙な白い斑点っぽくて
逆に食欲をそそられます^^;
黒いランチョンマットもラインがポイントになって悪くないと思います
私は単純に濃い目の無地のお皿しか思いつきませんでしたorz

投稿: やなちゃん | 2009年10月 9日 (金) 03時15分

わあ、素敵です!やっぱり先生のセンスだと適当でもこの素敵度。たべちゃわないで、写真撮って下さって嬉しいです。私だったら、普通にお皿真ん中にして、撮ることしか考えないですが、こうやってバランスをあえて真ん中にしない、という方法もあるのですね。
先生、計れたんですねっ!やるじゃあないですか。パチパチ
結局、粉のグラムをカップに換算してみようと、何度かトライしたのですが、カップに粉を入れるたび、違う重さになり、やっぱりカップだとかなりアバウトになるということがわかりました。アバウトでよいものもあるんですけどね(天ぷらの衣とか)、やっぱりお菓子とかパンは一応計るのが正道かと。だからカップは潔く諦めてください。考えてる間に計った方が早い、と私も気づきました。
ちまたで「白い鯛焼き」というものが流行っているということは、麻紀先生が書いてらして今回始めて知ったのですけれど、生地にお砂糖が入っているとどうしても色がついてしまう気はしますよね。低温でじっくり、なんでしょうか?ビタントニオは結構強いパワーなので、その辺の調節は難しいですよね。「タピオカ粉のおかげで色白」みたいな記事もどこかで読んだのですが、いくらタピオカ粉でも、お砂糖の焦げやすさには勝てないような。(笑) 「白いが、中は生焼け」じゃ困りますものね。そういえば、どこかで、水飴をパンに入れると色づきにくい、と読んだことがあります。どうなんだろう。単なる噂だったらごめんなさい。
うちのは、鯛焼きの片側(上になるほう)がまだらになるのがものすごく気になっていたんです。生地を多めに入れたら少しはよくになったのですが。。。フォトジェニックなおうち鯛焼きは難しいですね。
表面の見た感じはタピオカ粉が入っているからなのか、普通の鯛焼きとは違う、というのもわかりますね。

投稿: ちょこ | 2009年10月 9日 (金) 02時21分

>kxkazamaさん
何故かというと、机の色に、食器の色がとけちゃうので、なんとなく黒い色を入れたかったからです。
ほんとは麻かなんかのランチョンマットがいいかもしれませんねheart02

投稿: かわいまき | 2009年10月 8日 (木) 23時41分

先生美味しそうなたい焼きじゃないですかeye
和風なお皿にどうして洋風の敷物を?
ランチョンマットは無しで、緑茶を頂きたいのですがぁ(笑)

投稿: kxkazama | 2009年10月 8日 (木) 22時02分

>ふじたさん
お皿は楕円です。
コスモスは砂川口の斜面、正解です。
雨の日のコスモスも撮りようによっては素敵ですよ。
ガンレフにのせているこの写真も雨の日のものです。
http://ganref.jp/m/the-colors-of-nature/portfolios/photo_detail/f19b27c92c08451153da6257f4edc80e

投稿: かわいまき | 2009年10月 8日 (木) 20時26分

お父上のご友人の陶芸作品、これ楕円形ですか。一見したところロクロでなく、楕円形の物体に粘土を張り付けて成型されたものかも。陶芸歴は写真歴より長く10年を超えましたが、遊びでやっているため一向に上達しません。写真のように真剣にやってれば、今ごろは・・・。
先生の「昭和記念公園・コスモス」の写真撮影場所、遂に見つけましたよ。砂川口の側の斜面でしょう?
同じように撮ったつもりでしたが、全部露出で失敗。
一昨日の雨の中、地元の写真趣味の会(会員15名)が、私の反対を押し切って強行しました。仕方なく付き合いましたが、結果は「だから言わんこっちゃない」ということでした。

投稿: ふじた | 2009年10月 8日 (木) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンバーガーの写真 | トップページ | 風太&魔裟斗&陸、I love パピヨン »