« 川合麻紀のおしゃれなSP AF60mm F/2 マクロ撮影術 スタート! | トップページ | タムロンのマクロレンズSP AF60mm F/2で花フォト »

2009年9月21日 (月)

ブレてて、さらに、ぴんぼけな写真

Img_5805kawaikawai

先日 次号のデジタル写真生活用に、おうちで撮影させていただいたときのカットです。
これって見事にピンボケ。
そして見事に被写体ブレ。

…ということで、いわゆる作例としては使いにくい、というか、ほぼ使えないカットなんですが、こういう感じの写真が結構好きです。

ピンボケがだめな写真っていうのも、あるんですが、
ピンボケでもいい写真っていうのもあって、
ピンボケだからこそいい写真っていうのもあります。

ブレも同じです。
あ、ブレには被写体ブレと手ブレがありますが、
今回のは被写体ブレです。

川合的には、ブレボケ写真が実は好き、なんです。

だって、世の中、よく見えすぎって思いませんか?
あんまり細部まで見えちゃうと、きたない部分もあらも見えちゃうし、
それに目が疲れちゃうし、よっぱらっちゃうし。

見えすぎていいものなんて、ほとんどないような気がします。
ほどほどにシャがかがっているほうが、美しく見えることが多いでしょ〜。

あ、私自身も、ですcoldsweats01
写真撮られるときは、ブレボケハイキー大歓迎scissors

++++++++++++++++++++++++++

今日、21日は、タムロンさんのHP用に、ケーキを撮影していました。

1被写体、2シーン撮影して、川合本人電池切れ〜。
2被写体目、2シーンもその後撮りましたが、写真的にNGでした。
写真的には気に入っているんですが、布のシワが後から気になった〜。
まぁ、使えなくはないので、別の時に使うかもしれませんが、今回は使うのは初めの1シーンだけにして、残りはまた別の日に撮ります。

曼珠沙華を撮りに行こうかとも思ったのですが、どうも天気がよろしくないですねえ?
明日もうちで原稿書き&料理フォトと雑貨フォト撮影かも。

お料理フォトに関しては、下記の「デジキャパ!10月号」でも6ページほど撮り方を書いていますので、興味のある方はご覧ください。

タムロンさんのHPは、前回もお伝えしましたので繰り返しになりますが、
川合麻紀のおしゃれなSP AF60mm F/2 マクロ撮影術」というコンテンツです。

Banner_macrokawai

6回にわけて、マクロレンズの被写体別使いこなしをWEB上で見ることができます。

第1回目は、
「可憐な花を美しく撮る」です。

お花、水滴、花畑、フラワーガーデンなど、いろいろな被写体を「SP AF60mm F/2」1本で撮影しています。
御覧いただけたらうれしいです。

また、マクロレンズのフォトコンテストも募集中です。
参加お待ちしております。
タムロンのマクロレンズに限らない、という太っ腹なフォトコンテストです!

++++++++++++++++++++++++++
 
タムロン マクロフォトコンテスト 募集中!
締切:10月31日(土)※消印有効

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

9月18日発売の掲載誌など

■『デジキャパ!』の連載、今回のテーマは「お料理フォト」です。6ページ書きました。

デジキャパ ! 2009年 10月号 [雑誌]Bookデジキャパ ! 2009年 10月号 [雑誌]

販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


■『カメラマン』の連載は、「水族館」がテーマです。2ページ書きました。

カメラマン 2009年 10月号 [雑誌]Bookカメラマン 2009年 10月号 [雑誌]

販売元:モーターマガジン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


■『アサヒカメラ10月号』月例フォトコン審査もあと数回!

アサヒカメラ 2009年 10月号 [雑誌]Bookアサヒカメラ 2009年 10月号 [雑誌]

販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


■『フォトコンライフ10月号』
カメラのキタムラさんの2008年秋 四季のフォトコンテスト(腕試し部門 自由テーマ)の講評しました。

フォトコンライフ No.39 (双葉社スーパームック)Bookフォトコンライフ No.39 (双葉社スーパームック)

販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


タムロン・ブロニカクラブ会報の20号
60ミリマクロのインプレッション記事を書いています。被写体は、猫と犬です。

先月発売の雑誌と、隔月刊、そしてその他の本は下記でごらんください。

2009年8月20日発売の雑誌

デジタル写真生活 2009年 09月号 [雑誌]Bookデジタル写真生活 2009年 09月号 [雑誌]

販売元:三栄書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


デジキャパ ! 2009年 09月号 [雑誌]Bookデジキャパ ! 2009年 09月号 [雑誌]


販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


カメラマン 2009年 09月号 [雑誌]Bookカメラマン 2009年 09月号 [雑誌]


販売元:モーターマガジン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


その他写真本

シーン別デジタルカメラ撮影術入門 (NHK趣味悠々)Bookシーン別デジタルカメラ撮影術入門 (NHK趣味悠々)

販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する


撮り方自由自在!デジタルカメラ写真術 (マイコミムック - NHK趣味悠々) (DVD付)Book撮り方自由自在!デジタルカメラ写真術 (マイコミムック - NHK趣味悠々) (DVD付)


著者:桃井一至,川合麻紀

販売元:毎日コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


デジタル一眼レフきれいに撮れる写真時間 (Gakken Camera Mook)Bookデジタル一眼レフきれいに撮れる写真時間 (Gakken Camera Mook)


販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


□□□□□□□□□□□□□□□□□□

|

« 川合麻紀のおしゃれなSP AF60mm F/2 マクロ撮影術 スタート! | トップページ | タムロンのマクロレンズSP AF60mm F/2で花フォト »

おうちフォト(屋内撮影)」カテゴリの記事

コメント

>risukouさん
ぶれちゃうこともピンボケになることも結構あります。
ただ、それをあまり外に出さないようにはしています。
自分の作品としてならブレボケは表現になるんですが、作例としては好ましく思われないこともあるからです。
ここらへんはむずかしいところです。

お祭りは、夜なら、ブレを使いつつ、ストロボで動きを止めるという表現方法が私は結構好きです。
躍動感たっぷりです。

>chisatoさん
「生きてるんですもん」というコメントが凄く好きです。
これ、タイトルによさそうです。いただき!

投稿: かわいまき | 2009年9月22日 (火) 21時30分

こんばんは~!
生きてるんですもん!動きがあるほうが自然で可愛いかも・・・?
ドーナツ、食べたい♪
腹ぺこなんですもん!

投稿: chisato | 2009年9月22日 (火) 20時23分

先生でもブレちゃうことがあるんですね〜。でも、やっぱりキッチリ・カッキリの時代を経てるからこそ、ブレてるのが好きと言えるような気がします。

先日、地元のお祭りで息子を撮っていたら夜までかかってしまい、ISOも上げた、ストロボも焚いた、それでもSS3秒みたいな状況に。しょうがなくブレ覚悟でたくさん撮ったら、動きが出てていいものが意外とたくさんありました。ちょっと先生の意図するところと違うか…(^-^;。

投稿: risukou | 2009年9月22日 (火) 17時40分

>kxkazamaさん
ブレは動きを、ボケはやわらかさを表現するのに使えることもあります。
雰囲気優先っていう写真もあっていいと思っています。
気に入っていただけてよかったです。

>syouzouさん
写真にはいろいろな表現方法があります。
ぶれぼけ写真は、結構昔から表現手法として使われてきています。
1960年代から70年代には、中平卓馬さんや森山大道さんが、ブレボケの騎手と言われた時代もありました。
心の揺れや動き、官能を感じさせるために、そういう表現を使ったりします。
写真の中には、緊張感を表したり、緻密さを表したりするものもありますが、それらの場合には、ブレやボケはまずいこともあります。
何を表現したいかによって、いろいろな撮り方ができる、だから写真は楽しい〜!って感じです。

> katabamiさん
子供のやわらかそうなほっぺとか、ドーナツのおいしそうな感じが、表現できていればいなぁと思います。

投稿: かわいまき | 2009年9月22日 (火) 15時19分

作品によってはこういう柔らかい感じに撮るのもいいですね~
ほんわか暖かくて
ドーナツもとても美味しそうです (=^^=) ニョホホホ

投稿: katabami | 2009年9月22日 (火) 14時56分

そうなんですか僕なんかキッチリとって何ぼのプロの世界にあこがれますが…写真もいろいろ何ですね

投稿: syouzou | 2009年9月22日 (火) 14時45分

被写体が動いているものを、ビッシャッと止めて動きの無いものとして写しとるより、こういう雰囲気を生かした写真が好きですね。明日も忙しそうですね。お体を大切に。

投稿: kxkazama | 2009年9月22日 (火) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川合麻紀のおしゃれなSP AF60mm F/2 マクロ撮影術 スタート! | トップページ | タムロンのマクロレンズSP AF60mm F/2で花フォト »