« タムロンのマクロレンズSP AF60mm F/2で花フォト | トップページ | コスモスの丘 昭和記念公園にて »

2009年9月23日 (水)

巾着田の彼岸花を撮りに行く

Img_6745kawai

何年ぶりかで、巾着田へでかけてきました。
今年の写真的花の見頃は、遅咲きエリアでもおそらく一週間前くらいだったんだと思われます。
まだ蕾はあるんですが、全体の盛りは過ぎていましたので、
普段あまりやらない撮り方で、撮影することに。
接近戦できれいな子と向きあった写真をのせてみます。
実際の色よりも淡くしあげています。

今日は朝は日が射さなかったので、
イメージしていた写真は撮れなかったのですが、
一応それでも何カットかは撮れましたので、楽しめました。

あまりに朝早くにでかけたのと、花の状態により、
現地を9時前にはひきあげて、ついでに昭和記念公園へコスモスの様子を見に行ってから帰りました。
コスモスの丘は1部咲くらいかな。
今まで爆睡、さて、そろそろ仕事をはじめます。

++++++++++++++++++++++++++

川合麻紀のおしゃれなSP AF60mm F/2 マクロ撮影術

Banner_macrokawai

マクロレンズの被写体別使いこなしを6回にわけてWEB上で見ることができます。
第1回目「可憐な花を美しく撮る」編公開中!

++++++++++++++++++++++++++
 
タムロン マクロフォトコンテスト 募集中!
締切:10月31日(土)※消印有効

タムロンのマクロレンズに限らない、という太っ腹なフォトコンテストです!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


9月18日発売の掲載誌など

■『デジキャパ!』の連載、今回のテーマは「お料理フォト」です。6ページ書きました。

デジキャパ ! 2009年 10月号 [雑誌]Bookデジキャパ ! 2009年 10月号 [雑誌]

販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


■『カメラマン』の連載は、「水族館」がテーマです。2ページ書きました。

カメラマン 2009年 10月号 [雑誌]Bookカメラマン 2009年 10月号 [雑誌]

販売元:モーターマガジン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


■『アサヒカメラ10月号』月例フォトコン審査もあと数回!

アサヒカメラ 2009年 10月号 [雑誌]Bookアサヒカメラ 2009年 10月号 [雑誌]

販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


■『フォトコンライフ10月号』
カメラのキタムラさんの2008年秋 四季のフォトコンテスト(腕試し部門 自由テーマ)の講評しました。

フォトコンライフ No.39 (双葉社スーパームック)Bookフォトコンライフ No.39 (双葉社スーパームック)

販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


タムロン・ブロニカクラブ会報の20号
60ミリマクロのインプレッション記事を書いています。被写体は、猫と犬です。

先月発売の雑誌と、隔月刊、そしてその他の本は下記でごらんください。

2009年8月20日発売の雑誌

デジタル写真生活 2009年 09月号 [雑誌]Bookデジタル写真生活 2009年 09月号 [雑誌]

販売元:三栄書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

その他写真本

シーン別デジタルカメラ撮影術入門 (NHK趣味悠々)Bookシーン別デジタルカメラ撮影術入門 (NHK趣味悠々)

販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する


撮り方自由自在!デジタルカメラ写真術 (マイコミムック - NHK趣味悠々) (DVD付)Book撮り方自由自在!デジタルカメラ写真術 (マイコミムック - NHK趣味悠々) (DVD付)


著者:桃井一至,川合麻紀

販売元:毎日コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


デジタル一眼レフきれいに撮れる写真時間 (Gakken Camera Mook)Bookデジタル一眼レフきれいに撮れる写真時間 (Gakken Camera Mook)


販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


□□□□□□□□□□□□□□□□□□

|

« タムロンのマクロレンズSP AF60mm F/2で花フォト | トップページ | コスモスの丘 昭和記念公園にて »

おそとフォト(屋外撮影)」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

ZERO-SNSの先生の日記の彼岸花には、感歎してため息をつきましたが、こちらの方は71歳の老カメラマンにとっては別のため息です。
もう私の理解力を遙かに超えた領域の作品です。どうも男性は感性より理屈で理解しようとする悪い癖もあってか、「何故にこうでなければならないのか」を考えてしまいます。う~ん、参ったあ。

投稿: ふじた | 2009年9月29日 (火) 06時00分

>kxkazamaさん
普段広角レンズ(といっても、35ミリ側です)で前ボケの表現はしないので、これはたまたまです。
いつもはファインダーを覗く前に、画面イメージがあるのですが、この時にはファインダーを覗いてからいいなと思って撮りました。

投稿: かわいまき | 2009年9月25日 (金) 00時45分

連休に伊豆に行ってきましたが、どの彼岸花も時期を過ぎて色褪せていました。
そんな中を先生は全体をオレンジでまとめ、蕊の形に合わせた背景の玉ぼけで整えて凄く綺麗な作品ですね。

投稿: kxkazama | 2009年9月24日 (木) 21時35分

>airplayさん
彼岸花は、好みが分かれるお花のようですね。
好きでない方も結構いらっしゃるようです。
形のせいか、イメージのせいか、やっぱりイメージかな。

土手の斜面に咲いていたら、傾斜をいかして撮れるので、面白いカットがとれるかもしれません。
夕方なら、なおさら、光がきれいかも〜。

>katabamiさん
ガンレフの写真「のびやかに」も、こちらの写真も5Dマーク2に16-35ミリレンズをつけて近づいて撮影したものです。
ほんとは群生が撮りたかったのですが、時期がちょっと遅かったです。

投稿: かわいまき | 2009年9月24日 (木) 08時43分

のびやかにもとても綺麗でしたが
この撮り方も面白そうですね~
背景は回ってるのにメインの花は止まってる
・・・何だかいろんな撮り方があって
写真って奥が深いな~・・・難しい(~_~;)

投稿: katabami | 2009年9月24日 (木) 04時13分

彼岸花がいいですね〜。
今朝早く家族で墓参りに出掛け、夕方前に近くの土手に彼岸花を撮りに行きました。
斜面一面が彼岸花で赤く染まっていました。
やはり咲き頃を過ぎた感じで、間近で見る花は色褪せたり、花びらの萎れたものが結構目につきました。
それでもいろんな撮り方があるのですね。
正直彼岸花は好きではないのですが、先生の撮った彼岸花鮮やかで活き活きしていますね。
被写体を生かす、状況にあった撮影参考にします。

投稿: airplay | 2009年9月23日 (水) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タムロンのマクロレンズSP AF60mm F/2で花フォト | トップページ | コスモスの丘 昭和記念公園にて »